読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ読書感想文

読んだ本を簡単にメモ

3月まとめ

3/1
再 サイコロジカル・上
~ 日本政治史

3/2
初 難解な本を読む技術
~ サイコロジカル
~ 霧越邸殺人事件

3/3
~ 難解な本を読む技術 了
~ サイコロジカル
~ 霧越邸殺人事件

3/4
~ サイコロジカル・上 了
~ 霧越邸殺人事件
初 マンガでわかる微分積分 了

3/5
再 サイコロジカル・下
初 哲学入門

3/6
再 ヒトクイマジカル
~ 霧越邸殺人事件 了
~ 哲学入門

3/7
~ 岳飛伝 3
~ ヒトクイマジカル

3/8
~ ヒトクイマジカル
~ 哲学入門

3/9
~ ヒトクイマジカル
初 警察捜査の正体

3/10
読書お休み

3/11
初 罪と罰

3/11
~ ヒトクイマジカル 了

3/12
再 ネコソギラジカル 上 了
初 アメリカ海軍が実践している「無敵の心」の作り方

3/13
再 ネコソギラジカル 中
~ 罪と罰 1

3/14
~ ネコソギラジカル
~ 罪と罰

3/15
~ ネコソギラジカル
~ 罪と罰 1

3/16
~ ネコソギラジカル
~ 警察捜査の正体

3/17
~ 罪と罰 1 了
ネコソギラジカル

3/18
~ 岳飛伝 3

3/19
初 仕事が速い人の手帳・メモのキホン 了
~ ネコソギラジカル

3/20
~ ネコソギラジカル
~ 警察捜査の正体

3/21
~ ネコソギラジカル 中 了
再 ネコソギラジカル 下
~ 警察捜査の正体

3/22
~ ネコソギラジカル
~ 岳飛伝3
~ 警察捜査の正体

3/23
~ ネコソギラジカル 下 了
~ 警察捜査の正体 了

3/24
~ 岳飛伝 3

3/25
~ マンガみたいにスラスラ読める哲学入門 了

3/26
初 上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣

3/27
~ 上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣 了
初 人生を面白くする本物の教養

3/28
~ 岳飛伝3
~ 人生を面白くする本物の教養

3/29
~ 人生を面白くする本物の教養
~ 百鬼夜行 陰
初 自閉症の僕が跳びはねる理由 了

3/30
~ 岳飛伝3 了
~ 百鬼夜行 陰
~ 人生を面白くする本物の教養

3/31
初 岳飛伝 4

 

3月読書メーター

3月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:6500
ナイス数:14

霧越邸殺人事件<完全改訂版>(上) (角川文庫)霧越邸殺人事件<完全改訂版>(上) (角川文庫)
読了日:03月02日 著者:綾辻 行人
難解な本を読む技術 (光文社新書)難解な本を読む技術 (光文社新書)
読了日:03月03日 著者:高田 明典
マンガでわかる微分積分 (サイエンス・アイ新書)マンガでわかる微分積分 (サイエンス・アイ新書)
読了日:03月04日 著者:石山 たいら,大上 丈彦
サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)
読了日:03月04日 著者:西尾 維新
サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)
読了日:03月05日 著者:西尾 維新
霧越邸殺人事件<完全改訂版>(下) (角川文庫)霧越邸殺人事件<完全改訂版>(下) (角川文庫)
読了日:03月06日 著者:綾辻 行人
ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫)
読了日:03月11日 著者:西尾 維新
ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫)ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫)
読了日:03月12日 著者:西尾 維新
罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)
読了日:03月17日 著者:フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー
会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン
読了日:03月19日 著者:伊庭 正康
ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)
読了日:03月21日 著者:西尾 維新
ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
読了日:03月23日 著者:西尾 維新
警察捜査の正体 (講談社現代新書)警察捜査の正体 (講談社現代新書)
読了日:03月23日 著者:原田 宏二
マンガみたいにすらすら読める哲学入門 (だいわ文庫 B 344-1)マンガみたいにすらすら読める哲学入門 (だいわ文庫 B 344-1)
読了日:03月25日 著者:蔭山 克秀
自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
読了日:03月29日 著者:東田 直樹
岳飛伝 3 嘶鳴の章 (集英社文庫)岳飛伝 3 嘶鳴の章 (集英社文庫)
読了日:03月31日 著者:北方 謙三

読書メーター

2月読書メーター

2月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3984
ナイス数:6

怪しい店怪しい店
読了日:02月01日 著者:有栖川 有栖
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。感想
哲学を日常に近い言葉で書いていて、すらすら読めました。人生訓的な話しに終始しているあたりが、専門家には不満があるのかもしれません。「人生とは~」だけが哲学なのでは無いことには注意が必要だと思います。書かれている内容は哲学の中のごく限られた範囲であるけど、身近な悩みを入り口にしていて、最初に読む本としては取っつきやすくてよかったと思います。ただ、それぞれの哲学者が、その考えに至った背景もしりたかった。
読了日:02月05日 著者:原田 まりる
数奇にして模型 (講談社文庫)数奇にして模型 (講談社文庫)
読了日:02月09日 著者:森 博嗣
18歳からの政治の教科書―――メディアに踊らされない賢い有権者になろう18歳からの政治の教科書―――メディアに踊らされない賢い有権者になろう感想
政治の仕組みについて、中立的な本を読みたかったため、個別の法律等への著者の意見は余計だと感じた。著者の政治への考えを知りたいのであればおすすめ。政治家の自己保身にも思える記述は鬱陶しく、同じようなことを伝えるなら客観的に論じた方が説得力があるのではないかと思った。「政治が分からないから投票しないのは甘え」という趣旨には賛成。
読了日:02月11日 著者:宇都隆史
大国の掟―「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書 502)大国の掟―「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書 502)感想
世界情勢について、分量はあるものの、知識がほぼ無い状態からでもある程度まで理解できるようになる本だと思います。
読了日:02月12日 著者:佐藤 優
少年陰陽師 境の岸辺に甦れ (角川ビーンズ文庫)少年陰陽師 境の岸辺に甦れ (角川ビーンズ文庫)
読了日:02月13日 著者:結城 光流
ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)
読了日:02月13日 著者:プラトン
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
読了日:02月16日 著者:本田 直之
浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ (講談社文庫)浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ (講談社文庫)感想
シリーズ始めの頃より、ドタバタ感が増えたようなきがする。 マイナスの掛け算の考え方は興味深かったし、エジソンの疑問とペアノの公理は、純粋な疑問とその答えとして面白かった。
読了日:02月19日 著者:青柳 碧人
僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意感想
新聞を購読しても読まずに放置気味でしたが、まずは紙面をめくるだけでも実践してみようと思います。 基礎知識を復習するには教科書が良いというのもなるほどと思った。 この本のすべてを真似るのは一般人には無理だろうけれど、合う部分を取り入れることによって、これまでとは情報との向き合い方が変わりそう。
読了日:02月19日 著者:池上 彰,佐藤 優
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)感想
嘘つきな語り部に騙されるのも楽しい。 注意深く読めば、幾つかの点では嘘を見破ることも出来るので、細かく読んでみるのも楽しい。 個人的には人識と僕の会話をもっと読んでみたい。
読了日:02月23日 著者:西尾 維新
クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)感想
いーちゃんの名前が気になるところ。
読了日:02月28日 著者:西尾 維新

読書メーター

2月のまとめ

2/1
~ 数奇にして模型
~ 怪しい店 了
~ 大国の掟

2/2
~ 数奇にして模型

2/3
~ 数奇にして模型

2/4
~ 大国の掟

2/05
~ 大国の掟
~ ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 了
~ ソクラテスの弁明

2/06
~ ソクラテスの弁明

2/07
~ 数奇にして模型

2/08
~ 数奇にして模型
~ 大国の掟

2/09
~ ソクラテスの弁明
~ 数奇にして模型 了
~ 大国の掟
初 霧越邸殺人事件

2/10
~ ソクラテスの弁明
~ 霧越邸殺人事件
初 18歳からの政治の教科書
~ 大国の掟

2/11
~ 大国の掟
~ 18歳からの政治の教科書 了
初 「政治のしくみ」がイチからわかる本

2/12
~ 大国の掟 了
初 「政治のしくみ」がイチからわかる本
~ 霧越邸殺人事件

2/13
~ 霧越邸殺人事件
初 日本政治史
~ ソクラテスの弁明 了
~ 3色ボールペン情勢活用術

2/11
再 数学ガール

2/12
~ 数学ガール

2/13
初 少年陰陽師 境の岸辺に甦れ 了

2/14
~ 霧越邸殺人事件
~ 日本政治史
~ キノの旅6 了

2/15
~ 霧越邸殺人事件
~ 日本政治史

2/16
~ 霧越邸殺人事件
~ 日本政治史
初 三国志吉川英治
初 レバレッジ・リーディング 了
初 リベラルアーツの学び方

2/17
~ リベラルアーツの学び方
~ 日本政治史
初 執事のダンドリ手帳

2/18
~ 日本政治史
初 浜村渚の計算ノート7

2/19
初 僕らが毎日やっている最強の読みかた 了
~ 日本政治史
~ 浜村渚の計算ノート 了

2/20
~ 霧越邸殺人事件
~ 三国志

2/21
~ 霧越邸殺人事件
~ 三国志
再 クビシメロマンチスト

2/22
~ クビシメロマンチスト

2/23
~ 霧越邸殺人事件
~ クビシメロマンチスト 了
初 世界NO.1の執事が教える“信頼の法則”

2/24
初 岳飛伝 3

2/25 読書お休み

2/26
再 クビツリハイスクール
~ 霧越邸殺人事件

2/27
~ クビツリハイスクール
初 ニコマス倫理学

2/28
~ クビツリハイスクール 了
~ 日本政治史

1月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:5283
ナイス数:10

ぼくたちの倫理学教室 (平凡社新書 801)ぼくたちの倫理学教室 (平凡社新書 801)感想
内容は良いのだろうけど、何だか読みにくい文体だった。
読了日:01月02日 著者:E.トゥーゲントハット,A.M.ビクーニャ,C.ロペス
いま世界の哲学者が考えていることいま世界の哲学者が考えていること
読了日:01月03日 著者:岡本 裕一朗
岳飛伝 2 飛流の章 (集英社文庫)岳飛伝 2 飛流の章 (集英社文庫)感想
王進先生の死が辛くもあり格好良くもあった。 世代交代が進む梁山泊。「替天行道」の志はどうなっていくのか、今後が楽しみです。 また、国とは、国家とは何かという視点でも興味深く読んでいます。
読了日:01月06日 著者:北方 謙三
奇面館の殺人(上) (講談社文庫)奇面館の殺人(上) (講談社文庫)
読了日:01月07日 著者:綾辻 行人
奇面館の殺人(下) (講談社文庫)奇面館の殺人(下) (講談社文庫)
読了日:01月09日 著者:綾辻 行人
大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
読了日:01月12日 著者:井堀 利宏
夢十夜 朗読CD付 (海王社文庫)夢十夜 朗読CD付 (海王社文庫)
読了日:01月13日 著者:夏目 漱石
14歳からの哲学 考えるための教科書14歳からの哲学 考えるための教科書
読了日:01月13日 著者:池田 晶子
傘の自由化は可能か (角川文庫)傘の自由化は可能か (角川文庫)
読了日:01月14日 著者:大崎 善生
青の数学 (新潮文庫nex)青の数学 (新潮文庫nex)
読了日:01月16日 著者:王城 夕紀
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)
読了日:01月17日 著者:西林 克彦
数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)
読了日:01月24日 著者:結城 浩
数学ガール/ガロア理論 (数学ガールシリーズ 5)数学ガール/ガロア理論 (数学ガールシリーズ 5)
読了日:01月24日 著者:結城 浩
目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
読了日:01月26日 著者:伊藤 亜紗
エヴァが目ざめるときエヴァが目ざめるとき感想
自分の存在とは、心の在り方なのか体の在り方なのかを考えました。種の存続や、動物の権利、どんな生き方が良いのかなど、様々な観点から読める本だと思いました。チンパンジーとして生きていくと言うエヴァの決断はすごいと思います。しかし人間として生きていくことが果たして可能だったのかを考えると、決断というよりも、早かれ遅かれそれしかなかったのかもと思います。
読了日:01月28日 著者:ピーター ディッキンソン
情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]感想
この本に書かれている通りに実践するのは難しい(仕事の情報をプライベートと区別しないのは、セキュリティーの点からは疑問)。 だけど、分類の難しい雑多な情報を留めておく為には使えそう。 何も全てをこの通りにやる必要もなく、数ある情報収集・管理・活用の方法の一種として、使える部分を取り込むベースにしたい。
読了日:01月28日 著者:奥野 宣之
異邦の騎士 改訂完全版異邦の騎士 改訂完全版感想
期待したよりも好みじゃなかった。
読了日:01月29日 著者:島田 荘司

読書メーター

2017年1月まとめ

01/01

 初 奇面館の殺人
 ~ ぼくたちの倫理学教室
01/02
 ~ いま世界の哲学者が考えていること
 ~ 奇面館の殺人
 再 数学ガールガロア理論
 ~ ぼくたちの倫理学教室  了

01/03

 ~ いま世界の哲学者が考えていること 了
 ~ 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
01/04

 ~ 奇面館の殺人
 ~ 岳飛伝2
 再 傘の自由化は可能か
01/05

 ~ 岳飛伝2
 ~ 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
 ~ 傘の自由化は可能か
01/06

 ~ 傘の自由化は可能か
 ~ 岳飛伝2 了
 ~ 3色ボールペン情報活用術  
 初  14歳からの哲学
01/07

 ~ 奇面館の殺人(上) 了
 初 奇面館の殺人(下)
 ~ 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
 ~  14歳からの哲学
01/08

 ~ 14歳からの哲学
 ~ 傘の自由化は可能か
01/09

 ~  奇面館の殺人(下) 了

01/10

 ~ 傘の自由化は可能か
 ~ 夢十夜海王社文庫)
 ~ 数学ガールガロア理論
 ~ 大学4年分の経済学が10時間でざっと学べる
01/11

 ~ 傘の自由化は可能か
01/12

 ~ 傘の自由化は可能か
 ~ 夢十夜
 ~ 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる 了
 ~ 14歳からの哲学 

01/13

 ~ 傘の自由化は可能か    
 ~ 夢十夜  了
 ~14歳からの哲学  了
01/14

 ~  傘の自由化は可能か  了
 初 わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
 ~ 武蔵野
1/15

 ~  武蔵野
  初  マンガみたいにスラスラ読める哲学入門
  ~  数学ガールガロア理論
1/16
 ~  青の数学
 ~ わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
1/17

 ~ 青の数学 了
 ~ わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~
 ~ 武蔵野
1/18

 ~ わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~  了
 初 異邦の騎士(改定完全版)
 ~ 武蔵野
 ~ マンガみたいにスラスラ読める哲学入門
1/19

 ~ 武蔵野
 初  数奇にして模型
 ~  異邦の騎士
 初  目の見えない人は世界をどのように見ているか
1/20

 ~ 異邦の騎士
 ~ 数奇にして模型
 ~ 数学ガールガロア理論
1/21

 ~ 数学ガールガロア理論
 ~ 数奇にして模型
1/22

 ~ 数学ガールガロア理論
 ~ 数奇にして模型
 ~ 武蔵野
1/23

 ~ 数学ガールガロア理論
 再 クビキリサイクル
 ~ 目の見えない人は世界をどのように見ているか
 ~ 数奇にして模型 

1/24
 ~ 数学ガールガロア理論  了
 ~ クビキリサイクル  了
1/24
 再 数学ガールの秘密ノート/やさしい統計  了
 初 ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
 ~ 数奇にして模型
1/25
 ~ ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
 ~ 異邦の騎士
 再 エヴァが目ざめるとき
 ~ 目の見えない人は世界をどのように見ているか  了
1/26
 ~ 数奇にして模型
 ~ 異邦の騎士
 再 エヴァが目ざめるとき
1/27
 ~ 異邦の騎士
 ~ エヴァが目ざめるとき
1/28
 ~ エヴァが目ざめるとき  了
 再  情報は一冊のノートにまとめなさい  了
1/29
 ~ 異邦の騎士  了
 初 大国の掟
1/30
 ~ 数奇にして模型
 ~ 怪しい店
1/31
 ~ 数奇にして模型
 ~ 怪しい店

岳飛伝を今年の楽しみに

一昨年の暮れあたりからだったか、水滸伝・楊令伝と読み進めてきたシリーズも、いよいよ岳飛伝まで到達しました。

長い物語ですが、重厚なばかりでなく、ときにくすっと(ゲラゲラと?)笑ってしまう面白さも魅力だと思います。

 

 『水滸伝 文庫版 全19巻+読本 完結BOXセット (集英社文庫)

 

「替天行道」の志を胸に、宋に抗う男たちの物語はとても大きく、また人物も多く、なかなか把握しきれない部分もたくさんあるのですが、とても興味深く読み進めました。

特に塩の道によって資金を得ること、武力でぶつかるだけでないこと、戦い方がそれぞれであるのに梁山泊全体が一つにまとまっていくことに面白さを感じました。

 

楊令伝 一 玄旗の章 (集英社文庫)

楊令伝 一 玄旗の章 (集英社文庫)

 

 『集英社文庫 『楊令伝』 完結セット

 

敗北から3年。散り散りになった仲間たちが再び集まる様子に、志が消えていないことへの力強さのようなものを感じながら読みました。

楊令の頭領としての振る舞いはときに痛々しく思いました。

また、死を恐れないどころか進んで死に向かう人たちを相手に戦う場面は怖くなりました。

一番印象に残っているのは、童貫戦死の場面です。敵将に対する敬意を感じる名場面だと思います。

 

岳飛伝 一 三霊の章 (集英社文庫)

岳飛伝 一 三霊の章 (集英社文庫)

 

まだまだ序盤の岳飛伝。(私は文庫版で読んでいるため、完結しているとは言え2巻までしか読んでいません)

今まで読み進めてきた読み方とは少し異なり、国家とは何か、国のあり方、姿はどのようなものかを考えながら読み進めています。

梁山泊の世代交代が進む寂しさはありますが、新しい人達の活躍が楽しみです。